お酒をやめられない人が肝臓をいたわる対策は何がいいの?

お酒をやめられない人が肝臓をいたわる対策は何がいいの?

お酒飲みが肝臓をいたわる対策で一番良いのは何と言っても休肝日を設けることです。お医者さんに言わせると週二日の休肝日が良いということですが、週一日でもやらないよりは断然効果があると言われています。
肝臓に負担を掛けないということが主な目的ですが、副次的な効果としては、アルコールへの反応が敏感になるので、量が少なくても酔った気分になりやすくなるということもあります。
しかし、どうしてもお酒やめられないということであれば、直接的なお酒対策とは別の対策もあります。
食事ですが、高蛋白質、高ビタミン、低炭水化物を心がけると肝脂肪を改善できます。極端でなければ、三度の食事で一度は炭水化物抜きも良いのです。
同じく、肝脂肪の改善効果があるのは、中高程度の運動です。30分以上を毎日続ければかなりの効果が出ます。速足でのウォーキングで十分です。
これらをしてもあまり効果がなければ、休肝日を取らざるを得ません。
そのときに、のどが寂しいのであれば、ノンアルコールのお酒風味で気を紛らわすのがいいのです。最近の商品はかなり改善されており、本物のような味わいで満足感が得られます。
また、炭酸水というのは、のどへの刺激などがあるので、これも休肝日には効果的です。
それでも本当にうまくいかない場合は、肝機能系のサプリメントを服用して肝機能のサポートを心がけることで少しは回復するかもしれません。